Go to top TOP
ふくしま動物病院 東京都北区田端新町3-15-12(JR田端駅北口から徒歩8分 明治通り沿い)電話問い合せ
logo
診療対象動物
初めての方へ
診療カレンダー 大きなカレンダーを見る
アニコム

アニコム/アイペットにご加入の方は受付時に保険証を提示してください。

診療科目

ネコ

猫を飼う方が最近は増えてきました。病気になった時に病院に連れていくのはもちろんですが、病気になる前に健康診断や予防などをするという意識が高まっております。
当院では、猫ちゃんにストレスをかけずに処置や採血などを行なえるように常に配慮しております。気になることがあれば、いつでもご相談ください。

 

ネコちゃんは年齢によって発症する病気が様々です。そのため年齢に合わせた健康診断を行なっております。さらに、春、夏、秋と3シーズンに渡ってリーズナブルな健康診断キャンペーンも行っております。

様々な猫種による先天的な心臓疾患をチェックしましょう。

当院では猫の心臓病に早期発見のためにproBNPという検査キッドを用意しております。初めての健康診断でチェックしてみましょう。

かかりやすい猫種: ラグドール・ノルウェージャンフォレスト・スコッティッシュフォールド・ブリティッシュショートヘアー・メインクーン・ペルシャ・アメリカンショートヘアーなど

猫ちゃんに多い腎臓病。早い子だと3歳ごろから発症する事があります。腎臓病の指標にはBUN(尿素窒素)やCre(クレアチニン)の数値が一般的でしたが、近年はSDMA(外注)という検査で早期発見ができるようになりました。追加検査を含めて、「早期腎臓病発見セット」などもあるので、年齢に合わせて追加検査してみましょう。 

「にゃんドック」では、10歳を超えると発症率が上がる甲状腺機能亢進症のT4ホルモン検査を選べるようになっております。院内で甲状腺ホルモンが測定できるようなりましたので、甲状腺機能亢進症の場合には、内服で寿命を長くしてあげることができます。

年齢に応じて様々な猫ちゃんの健康診断プランをご用意しております。年に1度の健康診断で早期発見をしてあげることで寿命が長くなります。

院内の掲示板にドックの様子がありますので来院の際にご覧ください。


ワクチンは3年に1度の接種で十分という報告もあるのですが、ワクチン抗体が減少する前に、なるべく再度接種するという意味で、年に1度の接種を推奨しております。

当院では3種混合ワクチンと白血病入りの5種混合のワクチンの2タイプがありますので、お外にお出かけする猫ちゃんの場合には5種混合のワクチンの接種を推奨しております。

ワクチンは生後6週から接種できます。初年度はワクチンの抗体価が上がりにくいので2回の接種が必要です。

ノミは冬でも生息するのですが、春先からはノミの寄生が多くなる時期です。当院では卵や幼虫にも効くスポットタイプをご予算に合わせて2種類用意しておりますので月に1度つけてあげてください。

ネコちゃんは、驚いて外に飛び出してしまうおそれがありますので、必ずキャリーに入れて来院して下さい。シャイなネコちゃんは、洗濯ネットに入れてからキャリーで来院していただくと、診察がスムーズに行えます。

初めての方へ
診療カレンダー 大きなカレンダーを見る
アニコム

アニコム/アイペットにご加入の方は受付時に保険証を提示してください。